印刷と出版の鉱脈社

鉱脈社ロゴ

白い紙に初めて記す感動を大切に《いのち》を受け継ぎ、育み、受け渡そう。

宮崎を表現する地方出版社です




TOP
鉱脈社

鉱脈社BOOK

タウンみやざき2018年2月号

●特集 うどん そば。ときどき辛うどん

うどんにそばに辛うどん。冬の麺まつり開催中!スポーツキャンプ天国のみやざきはますますアツイ!! 

jupia2018年春号

/カラダにやさしいランチ

/桜めぐり2018

/大人の春ファッション

宮崎を楽しむ大人の情報誌「jupia」。宮崎の大人女子におくるライフスタイルマガジンです。食・旅・体験…ていねいで上質な暮らしを求める大人の好奇心を満たします。


鉱脈社の商品一覧へ 鉱脈社の商品一覧へ

これまでに出版してきました商品を御覧ください

Jupia特別編集 もう一度行きたくなる店

そろそろあの店行きたいな――今度はいつ来ようかな―――あの人を連れて行ったら喜びそう。宮崎を楽しむ大人の情報誌『じゅぴあ』から『古民家シリーズ』に続く別冊!内容は一軒家ランチ、愛される名店、森と海のレストラン、とっておきランチ♪季節ごとに変わる旬の味と景色!!!変わらない愛情の詰ったグルメ!!!などなど。ハレの場として是非! 【2017年03月10日初版】【2018年01月28日2刷】

本庄古墳群猪塚とその出土品の行方

天明・寛政期薩摩藩の知のネットワーク

無私の精神の系譜

志に生きた高鍋人

江戸時代後期の名君、秋月種茂と上杉鷹山兄弟から、児童福祉の父・石井十次、司法の独立を貫いた三好退蔵、書家としても知られた秋月種樹、第三代住友総理事を務めた鈴木馬左也、外交官で宮内省御用掛にもなった秋月左都夫、最後の連合艦隊司令長官・小沢治三郎、地域重視の姿勢を貫いた政治家・柿原政一郎。――彼らの生涯に絶えず流れ続けたのは、旧高鍋藩に流れる精神“無私の心”だった。私を無くして行動した高鍋人の系譜を読みとき、明日に迷う現代人の指針とする。